奥田民生の数人カンタビレ(Ust版) 2011.8.7

昨日の「ROCK IN JAPAN FESTIVAL 2011」
楽屋エリア内カンタビレ特設スタジオにて「奥田民生の数人のカンタビレ」
11:00~15:30までこれがUstreamにて配信されるという!!
しかも、どうも吉井さんが参加するっぽい!!
ということで楽しみ2倍で待っていました!!!

11:30を過ぎても始まらない。
ただただ「準備中」の段ボールを見つめる視聴者その時点で3000人くらい
いたんじゃないかな。

11:49やっと「準備中」の段ボールがはがされた。
民生氏があいさつ。全部は覚えてないんだけど
 「ROCK IN JAPAN FESTIVAL 2011」楽屋のすぐそばでやります。
  力が及ばず、隅っこにおいやられた感じになっておりますが・・・。
   どうなんでしょうね。まあ、よく思ってない人もいるんじゃないかと思います。
っていうのはすごく印象に残ってます。

だって、公式じゃないの?
よく思ってないやつ、何でだ!!
・・・いろいろああるんですね。

あと、「ステージの音が思い切り聞こえてます。これ拾っちゃうかなー歌入れんとき」
みたいなことをボソボソとおっしゃってました。

うんうん、ACIDMAN聞こえるわー。
と、思いつつスタート。

初めはドラムから。
しかも外で!!

結構長い曲な気が。
アヒル口→後半お疲れ気味→最後息を止めつつシンバルを押さえる。

暑いし、タイヘンだね!!
そしてサウンドチェック。録り直す。再度チェック。
するとそこにトライセラトップスのドラマー吉田佳史氏登場!!
見に来たらしい。(そう!だってこの日は吉井和哉のドラマーとして来ていた)
するとすかさず、「あとでちょっと叩いてくんない?」と出演依頼。
何やら喋ってる。その際、聞き逃しませんでしたよ!!
「吉井くん2時に来るんでしょ」
なにーーーーーーーーーーーーー!!!!!!!!!!!
テンションあがるわーーーー。

次、ベース!
ベースっぽくない感じのベースだったなぁ。カッコイイベースだった。

ベースを弾き終わり、ハムの串焼きを食べるOT。そしてビールも。
(このスタジオの隣にハムの出店があったそうです)
ベースをもう一度。今度は違うベースで違うタイプのアレンジ。

Ust視聴組は「さっきのが好き」「こっちのがいい」と意見をつぶやく。
これが共有なんだねーー。

なんかドラムでへたっぴなところがあるみたいでもう一度ドラムへ。
そこで地震が・・・。
関東は揺れたようです。
開始から1時間。
「ドラムとベースは出来た。ということにしたいと思います」
ということで次はギター!!
ギターの準備中にBlackBorders終わりの川西さんが!!
2人で写メを撮る。PUFFYも登場。まったりしてる。

PUFFY「本番何すんの~?」
OT「本番はお客さんの声も録ってみようかと」
なにっ!?曲に入るんだー。声とか雰囲気とかがさ。いいなぁ。

続いてタンバリン!
タンバリンはきつそうだったなぁ!!
計ってみたら曲自体、6分位あるよ。そりゃきついわー。

おつかれの民生さん。
これ放送されてるんだよね。と思いだし
カメラ目線で「面白いんですかね?」と。
スタッフさんのスマホでUstを見せてもらいみんなのつぶやきを目にする。
「面白いですよ、充分。あ、俺が面白い?って聞いたからか」と。
そうですよー。すごいねー、つながってますねー。ITだねー。

合間にまた誰か来たよ。
「時間大丈夫?」と尋ねるOT。「僕、最後なんで大丈夫です」
誰だっ!!すかさずタイムテーブルをチェック。
おー!きっと曽我部さんだな。参加するのかな。

そしてギター!!

「もうおわかりかと思いますがこの曲はEとBmで最初からずっとです。
曲のコード進行覚えなくていい。だからタイトルはEBmです。」

えーーーー!!
すっごいシンプル!!さっっっすが民生!!
「吉田くんいるかなー?」と、佳史さんを探すOT。
佳史さん登場。おそろいのカンタビレシャツ着てる。

ちゃちゃっと打合せ。

この時点で14:20。
ふいに聞こえた「悲しみの果てに~何があるかなんて~俺は知らない」
あーーーーミヤジぃ!!
そうだよね。14:15からエレカシだもんね。
知ってました。密かに聞こえてこないかなーって思ってました。
ありがとー。しかも悲しみの果て。ありがとう!!

佳史さん軽く叩いて、「もっとテキトーでもいいよ」と民生。
もう1回。

あ、エレカシ「風に吹かれて」だ・・・

民生の指揮(?)に合わせて佳史さんドラム終了。バッチリ!!
この時点でですね、14:30くらい。
てことは、てことはーーー。もう来てる???ドキドキ。

ドラムOK。

そしてー吉井和哉登場っ!!!
思い切り”釣り帰りの人“で、民生にも突っ込まれてた。
動く吉井さん久しぶり。会いたかったーー。
でもなんか・・・吉井さん???さすが、自分のステージじゃないと
オーラ消しますねー。(あ、誉めてるんです。もちろん)
先ほどの声の主、曽我部恵一さんも登場。
やっと歌が聴けるのね。どんな歌詞なのかな?
ドラムとベースだけの時からするとギター入れたら明るめの曲になってきた!

が!しかし!!
さっき録ったギタートラックが1つ消えてしまったようで。。。
えーーー。でもさらっともう1回録り直す民生さん。ステキです。
無事ギター終えて発声練習する民生。
ちょうどそこに「さぁがんばろーぜー!」エレカシの「俺たちの明日」が。
そうそう、みんなでがんばって!!と応援していたら
民生さんが「おまえー」「ん、んっ。お、おまえーー」と
エレカシで発声練習。おおおーーーーー!!!すげーーーー!!

そして歌!
 あー僕らには残酷な夏の空は あー考える必要はないのかもーね

 風になってKARAになって歌うのがフェス

て感じ???(カモーネか!!)
フェスの曲なんだーーー。

きました~!!コーラス!吉井和哉!!!
とりあえず歌ってみたものの、なんと!録音ミス!
「俺、録音してなかった?言ってよーーー」とスタッフに聞くOT。
「ごめんなさーーーい」
吉井さん再び。しかし間違える。
そんなの繰り返して終了。
「オレンジとパープルの水着が見えるぜ」んとこ歌ってました。
なんかやっぱり、吉井さんが歌うと吉井さんだね。うんうん。
オレンジとパープル(特にパープル)が民生のオレンジとパープルとは
ちがった色味な感じ。

そして曽我部さんもだけど「フェース」んとこがむずかしいみたい。
むずかしいというか、民生さんの独特の音程なんだろうなぁ。
個性ですねー。

そういうのも見られて面白い。

コーラス終了。すぐさまシンセ。
PUFFYのシンセ渡辺シュンスケ氏がさらっと1発合わせて終了!!
亜美ちゃんはジャーマネとして登場。
で、時間なくってUstはここで終了。
だってもう、自分のステージの時間が迫っている!!
この後ステージでお客さんの歌も入れたりして完成するのですね。
フェスでフェスの曲を作り、フェスに来た人たちと作るって
なんてなんてスバラシイの!!!!!!!
奥田民生じゃなきゃこんなこと考えつかないし実行できないでしょう。
そういう人が今の音楽シーンにいてくれて、感謝です。

 
そして・・・クイックレポート読んだけど、その後のちゃんとしたレポも読んだけど、
本当に楽しそうだ!!
でもすっごくしんどかったみたいですが。

ちなみに吉井さんのレポも読んで、まず写真見て安心。
さすがー自分のステージはオーラ出しまくりーーーー!!
見たかったなぁ。

そして、ジュリアン騒動も落ち着き(結局来てない)あとは年末まで・・・
私は年末までおあずけ状態です。
PCの調子が悪いので今日は「EBm」ダウンロードしてないけど
早く完成系を聞きたいな。

 完成した曲はMoraにて配信中!
http://mora.jp/package/80307744/KSXX00071B33A/

 MoraWin
http://morawin.jp/package/80312130/KSXX00071B33A/

着うたは8/10~の配信のようです。

Ustのダイジェスト版が民生さんサイトで公開中です。
http://www.okudatamio.jp/special/many_cantabile/

JAPANのレポ(写真がたくさん)
http://ro69.jp/quick/rijfes2011/detail/55907

http://ro69.jp/quick/rijfes2011/detail/55855

http://ro69.jp/quick/rijfes2011/detail/55880

ナタリー
http://natalie.mu/music/news/54468