THE YELLOW MONKEY SUPER BIG EGG 2017

東京ドーム

TYMくんにメッセージ書いたり
限定メニューのホットドッグ食べたり

初日は、スタンド1階真正面席。
2日目はアリーナ前方の隅っこの方。
ほんと、東京ドームっって広いなぁぁぁぁ。って
実感しながら楽しみました。

カウントが0になって、少し映像が流れて
『大きな犬小屋へようこそーー』の声から始まった。
あの時
“俺たち普通の野良犬に戻ります”
“我がイエローモンキーは永久に不滅です!”と言って歌った
あのWelcome to my doghouse。
浸ってたわけじゃないはずだけど、1日目は
2曲目パールがあっという間に終わってしまった。

パール、あの時の東京ドーム公演は
後日、期間限定でネット配信されたんだけど
パールは機材トラブルか何かで配信されなかったんだよね。
確か。DVDには入ってるけど。
そんなことを思い出したりして。

二手に分かれて花道をグルっと歩いてステージへ。

東京ドームの事を歌っている曲と言ってもいいのかな
ロザーナでロビンがタンバリン叩いてるーーーー
久しぶり。うれしい。
叩いてる時はもちろんカッコイイんだけど
叩いてない時に右肘にかけて歌う姿がほんっっと好き。

ドームでやると思っていた
嘆くなり我が夜のファンタジー。
やっっと聞けましたね。

1日目はI LOVE YOU BABY
2日目はTVのシンガーだったのだけかな?
変わったのは。
I LOVE YOU BABYだったと思うんだけど
間奏でギター弾いてて2番の初め歌いだし間に合わなくなりそうな
寸前でマイクにパッと寄って歌いだしたのかっこよかったー。

サイキックも好き。
SPARKは2日目、柵に足をかけて歌ってくれたのかっこよかった。

天国旅行の次に真珠色だったので
もうですか?ちょっと早くない?って思ってしまったりもした。
初日はさ、ギターソロんとこでエマと一緒にエアで弾いてくれなくて。
なんだー。と思ったけど、2日目は弾いてくれて。
最後のギュイーンってとこやんないの?って思ったら
ちょっと離れたとこでちょっと急ぎ気味にちゃんとやってて
なんだかホッとしまして。何がなんだろうか。
でもそれ見たら2日目は泣いちゃいましたけどね。

あの「メカラウロコ・8」のDVD私は何度も何度も何度も見ていて
特に真珠色は何度も見ていたのであそこは、ほんっとグッときました。

でもまさかお着替えがあるとは。
真珠色のアウトロでメンバー捌けて
オーケストラだけの演奏になって
宇宙のような星空が夕焼けと海になりHorizonぽい
ヒーリングミュージックの映像みたいになり
鳥は飛んで行くわで終わって。

で、Starsキレイだったなー。
オーケストラのみなさんも踊ってて素敵でした。

Starsの後Suckで、また早くない?
って思ったけどやっぱりこの曲はアガる。
めちゃくちゃカッコイイ。

バラ色はMCもよかったなぁ。
今がバラ色なのかもしれないけど
花柄の気分も1日のうちたった6秒というか
ほんとに、日々、バラ色の日々を追いかけてて
ずっと追いかけて追い求めて
きっとこれからもそうなんだろうな。

太陽が燃えているーー
『燃えてるかー!』と言った初日。
『俺たちが燃えてるーっていうか焼けてるーー』って言った2日目。
そしてTwitterが燃え出した終演後(笑)

そう。
あの映像、何なんでしょう。
とてもカッコいいライティングに反して
超絶ダサイ縁罫みたいな飾りとか映像とか
あれ、何なん(笑)
担当の人が忙しすぎて途中で倒れて
新人が慌てて有りものの素材使ってやった
ってくらいダサかった。
何かのオマージュなのかな???

ライティングはかっこよかったー。
途中、Perfumeみたいなのもあってさー
ステージから客席にビュイーンっていっぱい飛んできて
初日、ど真ん中だったんでもう圧巻でした。

久しぶりにROCK STAR聞けたのうれしかったーーー。
2日目にロックスターになれば金も入ってきてー♪って歌ってたのツボ。
いい歌詞じゃないか!

んで、久しぶりにWINDING ROADもうれしかったーーー。
エマボルターー!かっこよかったわぁ。

LOVE LOVE SHOWで世界のお姉さん出てきて
スクリーンの横に足もあって。
でも特別な事したのは、その曲だけかな。

2日目の開演前にキレイな外国のモデルさんを見かけるたび
「世界のお姉さんかな」って思ってた。

プライマルがこんなにみんなに愛される曲になったのは
やっぱり再集結1曲目だったからこそかも。
あ、エマがネイル見せてるときに手をクロスさせてたのと
くわえてたピックをとって弾き始めるのが
まーーーーカッコよくて。倒れそうでした。

ALRIGHTはもうライブに欠かせないと思うし。
しばらくは必ず聞きたいよねー。
あそこでメンバー紹介するの好き。

JAM。
東京ドームでJAM。
17年振りのドームだって取り上げられてるけど
実際は17年振りじゃないっていう。
ライブとしては17年振りだけど立つのは違うもんね。
特に2日目のMCで言ってたし、吉井さんも感極まりかけてたけど
『みんなにだけど、1人1人に向けて歌いたいと思います』
あれは、あの日いた1人1人にも、っていう思いもあるのかもしれない。
いつもの深読み、こじつけですけど、そんな気もして。
最高のJAMでした。
もう、あの日のカサブタ剥がれて強くなれました。

アンコール前にスクリーンにMVなのかな?を流しながら
Horizonを流すという。
生中継があるからの配慮なのかな?
生で聞きたかったけど、次の機会を楽しみに。

SO YOUNGは何と言っても2日目のアウトロ。
エマとロビンが向かい合って笑いあってギターを弾くという
とても長い時間に思えた。あれはほんと、よかった・・・。

砂の塔、BURNと続いて
最後にASIAN BOY。
あの紙吹雪がね!桜色になってて。
美しかったです。
17年前に持ち帰ったあの紙吹雪をカバンに忍ばせていた私。
あれがね、生まれ変わったんだなぁって、うれしかった。
てTHE YELLOW MONKEYが1行で表示できちゃうのもドームだけよね。
でもなんだろ、私は3行の方が好きかも(笑)
けどこれも圧巻でした。

 

いやぁ・・・終わっちゃいましたね東京ドーム。

即日SOLDOUTって聞いて、え?って。
ちょっと見くびってましたけども。
2日間もやるだなんて!すごいじゃないか!って。

それに、あのメカラウロコ・8と15の東京ドームだもん。
活動休止って知ってて、このライブが終わったらどうなるんだろう
って切り裂かれそうな想いで観ていたメカラウロコ・8。
あの真っ白な紙吹雪の中で実は「はいはいこうやればいいんでしょ」
って思ってしまっていた程の精神力だった吉井和哉。
オトトキにも一瞬出てきた、メンバーが楽器を交換して写っている
写真でドラムに座ってるんだけど、一人だけ明らかに違う目線の
吉井和哉。
ああいう思い出がやっぱりありますから
いくら、今の彼らがもう新しいイエローモンキーになっていっている
そう分かっていても、ソワソワする場所でした。

けど、初日会場に入ったら大きな卵が置かれていて
ビッグプロジェクト感あって、ヒリヒリする要素はなく
とってもエンターテイメントな雰囲気だったので
一ライブとして、お祭りムードにはなってきました。

1日目終わった時点で、普通にって言ったら何だけど楽しかった。
ストリングスあり、ホーンあり、コーラスあり、お姉さんあり。

やっぱビッグプロジェクトでした。
割と意外なセットリストだと思ったのと(曲がというより順番が)
会場が広いからなのかな、全体的にテンポがゆっくりに感じました。

ちょっと両日とも吉井さんの声が心配になるところも
あったけれど、ドームだからかな。
広いし、あれ花道1kmとかもっとある???
歌いながらあれだけ動くのタイヘン・・・。

けど2日目ね。自分でも「イエローモンキーは2日目が!」って
言ってたけど、ほんっっと別人?リハ?ってくらい違ってて
笑えてきました。
確かに2日目は良くなりがち。
テレビが入るからどうかなーって思ったけど
めちゃくちゃ良かった!!!!!!

1日目も、もちろん良かったんだけど
メンバーも少し緊張してたのかな。

やっぱりドームってことでドキドキしてて
人も多いしねぇいつものライブとは雰囲気違って
私まで「昨日で掴めました」状態になってて。

泊まりの遠征って準備あるし、ソワソワしちゃうのよね。

ドームでライブやるってなかなかないだろうし、
しかも2daysは初めてだし、ドキドキソワソワするのも
楽しかったです。
来年はアルバムの制作に入るということで
再終結後のアルバムってのも、もちろん初めてだから
ワクワクしてるし、ワクワクさせて欲しい。

 

昨日、祝福ムードの2年は幸せに終わり
『これからは気合を入れ直して
 日本に今までなかったバンドになっていこうと思っています』
って言っていて、なっていって!!絶対なって!!なれるし!!!

それが見たくて、楽しみで仕方ないんです。

 

 

<セットリスト>
01.WELCOME TO MY DOGHOUSE
02.パール
03.ロザーナ
04.嘆くなり我が夜の Fantasy
05.I Love You Baby(9日) / TVのシンガー(10日)
06.サイキックNo.9
07.SPARK
08.天国旅行
09.真珠色の革命時代~Pearl Light Of Revolution~
10.Stars
11.SUCK OF LIFE
12.バラ色の日々
13.太陽が燃えている
14.ROCK STAR
15.0Y WINDING ROAD
16.LOVE LOVE SHOW
17.プライマル。
18.ALRIGHT
19.JAM
–encore–
20.SO YOUNG
21.砂の塔
22.BURN
23.悲しきASIAN BOY

広告