青林檎

今回のツアータイトルは春のツアータイトル
「Flowers & Powerlight Tour 2011」に「born-again」が追加になっていた。

単純に“生まれ変わる”って意味かな?
Rebornってコトバもあるよねぇ。で、どう違うのかなって気になり調べてみた。
もちろん「Born」という曲にもかかっているんだろうし。

reborn ・・・(精神的に)生まれ変わった,再生した.

born-again・・・1(宗教経験で)信仰を新たにした.   2元気を回復した,よみがえった.

辞書によると、こういうことでした。

born-againにはもう少し深い意味もあるようで
「キリスト教用語では、個人の罪が赦され、
   聖霊によって霊的に新たに生まれ変わること」
らしいです。

そこまで考えて付けられたものなのかは分からないけど
born-againには強い意味がある、春とは全然違うものが。そう思った。

で、プラス「春は赤の吉井和哉」で「今回は青の吉井和哉」てのもある。

だからちょっと前にも書いたけど「The Apples」が赤い林檎で
「After The Apples」は青林檎。ちょっと酸っぱい。
そんなイメージもあるとしたら面白いな。っていつもの深読み炸裂でした。

「After The Apples」が出たときに感想というか自分がどう思ったか
書いておこうと思ったのに、なぜかsmileの話になって終わってしまいましたが
そもそもこのアルバム、前評判がすごすぎて期待膨らみまくりってのがあった。
「スゴイ」「新しい吉井和哉だ」「賛否両論あるだろう」
「もしかすると、ファン
以外には大きく受け止められない作品かもしれない」
・・・などの意見。

っていうか、これは毎回こうなるはずの気もするんだけど。
毎回誉めすぎよね。雑誌もラジオも販促プロモーションだから当たり前だけど。
井上さんがsmileを産業廃棄物と言った時代が懐かしい。

で、実際聴いてみた時の自分の気持ちと、雑誌記事との違和感が
いつもよりかなり
大きな違和感があった。
で、この間の12/15STUDIO COAST帰りに新幹線で読んだ「Bridge」と
次々とツイートされるロッキンオン社の方の感想。
つーか、1社で何人行ってるんだ!!!(いいけど)
このBridegeを読んでますます違和感というか、
モヤモヤが大きくなってしまったのだった。
自分がよくわからなくなった・・・。

まあ、それは置いておいて今度こそ「After The Apples」の感想。
で、1票投じなければ。どれにしようか。2曲に絞れてるんだけど。

このアルバム聴いて、パッと思ったのはエマ・・・じゃなかった
brainchild’sの「PANGEA」を聴いた時に思った感覚と似ているなって。
近いというか何というか。もちろん私という人間を通しての世界観であって
本人たちはどう思うか分からないけど。
暗明るいというか、明る暗いというか・・・。(これ文字で表すの難しいわ)

たとえば、ダビデだったらスティルアライブのような雰囲気もあるような。
なんか音が少なめで鳥が出てくるからそう思ってるのかな・・・。
いつものごとく単純な発想過ぎるか。

あとはこのアルバム聴いてからここ最近ほとんど聴いていなかった
「Hummingbird in Forest of Space」が聴きたくなり、何回か聴いていたけど
それが刷り込まれた何て言うの、あの、サブリミナル!!ってなって
ふむふむってことで不思議なものですね。

で、これまた最近聴いてなかった「WHITE ROOM」も聴きたくなったりして
要するになんだかYOSHII LOVINSON感があるってことなのかしらと
思ってみたり。

じゃあBridgeに何の違和感あるんだよ!って感じなんだけれどね。

明日の城ホールと、来週の武道館でこのモヤモヤが払拭できるのかな・・・
って期待も込めて楽しみです。

で、結局「After The Apples」感想になってなーい。
 

 

After The Apples(初回限定盤)
After The Apples(初回限定盤) 吉井和哉EMIミュージックジャパン 2011-11-16
売り上げランキング : 524Amazonで詳しく見る by G-Tools

After The Apples - EP - 吉井和哉

Hummingbird in Forest of Space(通常盤)
Hummingbird in Forest of Space(通常盤) 吉井和哉EMI MUSIC JAPAN(TO)(M) 2007-09-05
売り上げランキング : 150006Amazonで詳しく見る by G-Tools

Hummingbird in Forest of Space - 吉井和哉