THE YELLOW MONKEY SUPER JAPAN TOUR 2016 SPECIAL -ARE YOU A BELIEVER?-福島 あづま総合体育館

THE YELLOW MONKEY SUPER JAPAN TOUR 2016 SPECIAL
-ARE YOU A BELIEVER?-

福島 あづま総合体育館
2016.08.27 Sat   08.28.Sun
※ネタバレですご注意ください※
——————————————

ツアー初日に発表になった福島公演。
当然あるはずの福島がスケジュールになかった時から
みんな分かっていたとは 思うんだけど、スペシャルということなので
2013年5月のGood by Yoshii Kazuya の時と同じくして
チャリティフリーマーケットもあるんだろうなー、とこれまた思っていたよね。

まずはライブの感想から。
初日2日目まぜこぜです。

横浜もスペシャルだったけど福島のスペシャルはまた違うということで
セトリがどう変わるのか楽しみでした。
生憎の雨だし「THIS IS FOR YOU」やってくれないかなぁとか夏の曲?
なんてフリーマーケット会場で知り合った方と話したり。

1曲目、夏の曲でした。熱帯夜!!
やっぱり聞きたいよねー夏はこれ聞きたいよねー。
大好きなのでうれしかったー。
一度吉井ソロでもやったと思うんだけどその時のイントロでの足の上げ具合が
超遠慮がちで。なんだか納得しつつも悔しかったんだよなー。
今日はキレキレで上がってましたー。

初日も2日目も(特に2日目)I GONNA TAKE YOUR HANDって繰り返してて
最後に『手を取り合って!』って言ったのが印象的。

そうそう、今回紗幕がなかったのです。
モニターもメンバーの後ろには無くて、両サイドに大きめのモニターがあるだけ。
だから、メンバーがステージに入ってくるところから見えるという
ある意味そこも、とってもスペシャル。

初日も2日目もイントロで歓声が。盛り上がったーー。
2日目はロビンさんがエマに早速ちょっかいかけてる。
おーい、まだ1曲目ですよ(笑)

2曲目がROCK STARって順番好き。
初日でも、♪死んだらエマちゃんのようなロックスターに~♪って。
もうエマに絡めてたからまだ2曲目なのに~って思ってたけど(笑)

続けてChelsea Girl!!ここまでのこの3曲揃うのって野性の証明じゃん???
ってなってもうテンション上がる~。

2日目の3曲目はサイキックNo.9。
熱い。会場が熱いーーー。外は雨なのに!

『会いたかったです福島!』
『この再集結でいちばんライブをやりかたった場所と言っても過言ではない
  場所なので、お祭り気分でバカで最高なロックンロールを楽しんでください!』

TVのシンガーからゴージャスへ間髪入れず続くこのセット!!
♪ひょんなきっかけでまた君たちとここにいる~!!♪

TATCICS、球根と続いてカナリヤ。
『ふくしまー!ぐっすり眠れてましたかー?』
歌い終わって『おはよう』『グッモーニン』

ねー、泊まってきなよー 泊まってこーよー 何にもしないからー
エーマちゃーん!カーギ! ってもぅ!
ホテル宇宙船。叶姉妹に戻っていましたー。
やはり横浜は生中継があったから自粛したのかな。
だとしたら典明はOKなのか(笑)
エマぶどう~♪とかなんかもぅもぅもぅ!
2日目はHOTELちゅせん!んとこでエマがロビンを逃がさないように
追い込んで2人で肩組んでラインダンスのように足上げ合戦してた。
はい、かわいい。

そうだ、2日目はヒーセ側の前の方だったんだけど
花道に来た吉井がシュバーシュビードゥバー♪で客席に向かって
卑猥な仕草して『ごめんね(ニヤ)』 ってする。
ちょうどその時正面にいた私。爆笑。
さらにその後も移動しつつ3~4回くらい
それ(卑猥+ごめんね)を繰り返す吉井様。

花吹雪、空の青と本当の気持ち
やっぱりこの2曲は締まるというか聴かせる、聴かせられちゃう。
特に空の青は時間が長く感じる。
最後はやっぱり望遠鏡を覗いていて。
福島のどんな景色が見えたのかな。

『もう、準備しよう』 そう言ってALRIGHT。
他にも何か言ってくれて、とにかく今日はよく話しかけるロビンさん。
曲の前のひと言が三言くらいになってるし、合間合間にも何か言ってたり。
自然とそうなっちゃうんだろうな。
2日目はみんながボールペン準備オーライしてたら
『その青いやつな、 金の蛹は青い蝶になる。
でもその羽根には毒が盛られているんだってさ!』
準備ー!ALRIGHT!!

今回のツアーの初めっから言っていたのかちょっと分かんないけど
どこかから気づいたら言っていた『なんちゃらreturn Spark!!』
戻ってきたぜ!!ってことね!!!

『もっと奥まで見ーせーてーー』
みんな楽しそうでたまらない見てないようで見てる。

まーー盛り上がったSUCK OF LIFEですが
カラミの時に『そんなに簡単に幸せになんかなれないのよ』って
突然オネエになてって、『だからリボンで結んであげるのよ』と歌いながら
ボウタイでマイクを結んでエマちゃんの所へ。
初日は割とあっさり気味。
2日目はエマちゃんの両手をがっしり掴んだまま離さず、
トグル(広島で覚えた笑)を口ではずしたり 炸裂していました。

メンバー紹介(初日2日目もうわかんないけど覚えてるやつ)
『天然の筋肉15年とっておきました!これからが黄金時代!アニー』
『エマの魔は通り魔の魔!一瞬のうちにヤラレちまえ!』
あ、2日目は『スーパーバンドには素晴らしいボーカリストとギタリストの
パートナーがいますけど、そのうちの1組になれたらと思います』
『吉川さんには渡しません(笑)!!』宣言飛び出したんだっけ。
『キーボード鶴谷崇!タカちゃん』
鶴ちゃんのプレイに合いの手で「タカちゃん」入れまくる。
『ベース!ヒーちゃん!あなたたちのヒーちゃん!俺のオジサン!』
『俺と同じ東京ノースサイド。だからいちばん福島に近いぜ!』
ってあとの2人は八王子ですからいちばんも何も(笑)
『俺の憧れのベーシスト』とも言ってた。
ヒーセのいつものカタコトしゃべりで「福島イエー!うつくしまふくしま!」
「中通りイエー!浜通りイエー!」で吉井和哉ロビン紹介。
『改めまして福島!ザ・イエローモンキーの吉井和哉です!』

メンバー紹介タイムのプチメカラウロココーナー?
初日は不愉快な六番街へ。2日目はMy Windind Road!!!!

今ツアーで何度も聞いているロビンのこの言葉だけど
今日ここでいちばん言いたかったんだろうな・・・と思ってしまう
噛みしめるように話していた。
『2001年にバンド解散してから僕らも色々あったし君たちにも色々あったと
思うし、この日本にも色々な事があって中でもいちばん忘れられない・・・
言葉にはできないけど・・東日本大震災。
その時、どうしてイエローモンキーやってなかったんだろうって。
この街にイエローモンキーとして、どうしても来なければいけないなと、思っていました。 

遅くなりましたけどみなさん、集まってくれてありがとうございます』
『食べ物は美味しくて、街はキレイで、人は優しくて。
昔来た時と変わっていない福島でうれしいです』
『イエローモンキーはもう解散しないので、みなさんの心の片隅に
いや、ど真ん中に(?)イエローモンキー置いておいてください』
また一緒にバラ色の日々を捕まえに行きませんかーーー
一緒に歌って欲しいです
キャパがいつもより狭いってのもあるけど、みんなで歌うバラ色の日々
くっっきりとはっっきりと聞こえました。

君と癒やした傷のあと いくつもの星が流れていた 慰めの日々よ
そう、今日のツアータイトルは「ARE YOU A BELIEVER?」。
BELIEVE。「信じるは待つ」それは他のミュージシャンの言葉だけど
その通りなんだなぁって感じた。

電飾が降りてこない、あ、もうそもそも電飾降りてこないんだった。
後ろにモニターがないのであの3行の「THE YELLOW MONKEY」は無かったんだけど
メンバーの力強い演奏、血管切れそうな熱い熱いASIAN BOYだった!!

ここからアンコール。

楽園へ行きましょーー!!
なんか一気に会場が広く感じた楽園だったな。
2日目は福島負けんなよーー!!
そう言って歌ってくれると思っていた!!パール!!!!

そしてイエローモンキーの東北ソング。BURN!!!
聞きたかった聞きたかった!!ここでBURNが聞きたかったのーーー!!!
2日目はLOVE LOVE SHOW。
LOVE LOVE ふくしま!終わっちまうぞ!って叫んでたので心が掻きむしられる。

一緒に最高な世界へ行きましょう
BRILLIANT WORLD大合唱だった。

私たち普通の野良犬からだいぶスーパーな野良犬に戻ってきましたWelcome!
ちょっとじゃなくなったよ!!

『やめたくない!もうオールナイトでいいじゃないか?』
『俺たちが演奏できる曲全部やってもいい!できないけど(笑)』

『また来年もツアーがあるかも!ないかも(笑)』
『でも来年は25周年なので、やりますよーーーー』

ってサラッと来年もツアーあんの?????やるの???って
ずっと25周年何かをにおわせてきてたけどここで明言?ってあわわわ・・・。

吉井あるあるだと思うんですが
2日目はもう最初のMCで
『会いたかったです福島!』
『今夜はもうオールナイトでやりたいです』
『もう明明後日の朝までやってもいいんじゃないか!』
『仕事の事は気にするな。長い人生1日くらい飛ばしてもいいんだ』
と、前日しっくりきたワードを持ってきて話すみたいな。
ほんとにね、明明後日の朝までやって欲しいーーー!!!

でも終盤では『明明後日までやると言いましたがそういう訳にもいきません』
『みなさん生活もあるでしょうし』とか言い出してたのさすが吉井ちゃん(笑)

 

『福島が元気になるのにどれだけ時間がかかるか分かりませんが
イエローモンキーがある限り、また来ようと思います!!』

『明日からまたがんばって』でJAM。
初めからみんなに歌わせて、何か始めようと~♪の後に
はじめよう!

と叫んだロビン。グサッとくるなぁ。

終わってしまった・・・・
8月の2つのスペシャル。
どちらも本当にスペシャルだった・・・
再集結がまずスペシャルだというのに、
こうしてちゃんと、
ちゃんとしたことをやってくれるバンドなんだよ。
この後熊本のライブハウスでのフリーラーブも控えている。
映画パンドラで、その年イエローモンキーが存在しているだけで50億円の
経済効果があったみたいな話があったけど、それが今またどれくらい効果が
あるのか分からないし、私は行きたいから行ってるだけなんだけど
ビジネスとしてはやっぱり「やりたいからやる」だけでは済まないところも
もちろんあるわけで、ファンを楽しませ、辛い目にあった人たちを応援し
経済を回せるビッグバンドってやっぱすごいんだな・・・って
思ってしまいました。

そういえば衣装は
初日のロビンちゃんは代々木初日のゴールドジャケットだったんだけど
インナーがシルバーのシャツというキラキラコーディネートでした。
エマは白地にカラフルな花模様シャツにジレ&白パンツ。
ヒーセは赤の燕尾。アニーは黒のラメタンクトップだったかなぁ。。。

2日目は、エマがチェルシー柄のパンツだった事は覚えてるんだけどなー。
ロビンは黒地に花柄のシャツで、ヒーセはギラギラウエスタン風のやつ。
だったような気がします。アニーはタンクトップね(笑)

そのアニー
「元気になってもらおうなんておこがましい。俺たちが元気もらいました!」
「みんなイエローモンキーのライブ見ると元気になるの?」
「俺たちはみんなの顔を見ると元気になれるんだぜ-!」
「また絶対会いに来てくれよな!」
ってね。うれしい事言ってくれるし。

メンバー全員の演奏、目線、笑顔・・・
吉井さんのMCや曲の間のコールやアクション
何か少しでも福島に些細なことでも的な気持ちたっぷりなのは
この2日間端々に溢れていた。
2日とも最後にARE YOU YELLOW MONKEY?と聞かれて
みんなで「YES!」と答えて終わりました!

KIMG4904.jpg

08.27 SET LIST
——————————
01. 熱帯夜
02. ROCK STAR
03. Chelsea Girl
04. TVのシンガー
05. ゴージャス
06. Tactics
07. 球根
08. カナリヤ
09. HOTEL宇宙船
10. 花吹雪
11. 空の青と本当の気持ち
12. ALRIGHT
13. SPARK
14. 見てないようで見てる
15. SUCK OF LIFE
16. バラ色の日々
17. 悲しきASIAN BOY
—encore—
18. パール
19. BURN
20. BRILLIANT WORLD
21. WELCOME TO MY DOGHOUSE
22. JAM

 

 

08.28 SET LIST
——————————
01. 熱帯夜
02. ROCK STAR
03. サイキックNo.9
04. TVのシンガー
05. ゴージャス
06. Tactics
07. 球根
08. カナリヤ
09. HOTEL宇宙船
10. 花吹雪
11. 空の青と本当の気持ち
12. ALRIGHT
13. SPARK
14. 見てないようで見てる
15. SUCK OF LIFE
16. バラ色の日々
17. 悲しきASIAN BOY
—encore—
18. パール
19. LOVE LOVE SHOW
20. BRILLIANT WORLD
21. WELCOME TO MY DOGHOUSE
22. JAM

広告

コメントする

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中