THE YELLOW MONKEY SUPER JAPAN TOUR 2016 神戸 ワールド記念ホール

THE YELLOW MONKEY SUPER JAPAN TOUR 2016
神戸  ワールド記念ホール
2016.07.26 Tue   07.27.Wed
※ネタバレですご注意ください※
——————————————

7月初旬の大阪も1日だけ行ったのですが
(というか1日しか行けなくなった)
大阪のレポ感想は割愛で神戸です。

友人に「こうべ~♪は絶対歌うと思う」と
力説しながら会場へ。

巨神兵のような色味で、オウムのような形にも見える
ワールド記念ホール。
KIMG4638

早いもので5/11代々木からスタートしたツアーも
9箇所目で17本目です。

少し落ち着いた感があるかな・・・?
という気もしないで楽しんでいたのですが
最初のMCで
『関西ではこの間大阪城ホールで2日間やらせてもらって
  すごく盛り上がったんですけど
  今日初めて見るんだ、という人もいると思いますし
  大阪も見たんだよね、という人もいるでしょうから
  新鮮味がなくなっているでしょうから
  その両方の人が楽しめるように
  今日は初めてやる曲も○□※△・・・・』
『最後まで楽しんでってください!』

の後に間髪入れずにTVのシンガーだもんねー。
2日目はサイキックNo9!!
ということは、これは・・・横浜に向けての???
向けて、ってことは無いんでしょうけど
ここで入れてくるブランニューとして考えるに
やはりこの辺の曲になるか!って思ったり。

そろそろ新しい曲の投入はあるのか?
ちょっと期待していたのでうれしかった-。

家族を失った娼婦の歌です、と紹介するLOVERS前のMCだったかな?
どっちの日だったか忘れたけど
『ちびまる子ちゃんが始まった年に結成して・・・』
と、ここでおもむろにちびまる子トークを入れ込みつつ
少しゆっくりと語るように話している印象でした。

ここだけじゃなくて、神戸の2日間は
神戸という土地だからこその話もあり
伝えようという思い強くじっくりと話していた印象です。

今ツアーでかなり楽しみにしている、楽しみになった曲。
空の青と本当の気持ち、今日もじっくり味わって
この曲の間だけは(だけはってこともないんだけど)
本当の気持ち何も隠さず作らずにいてくれる気がしてます。
で、アウトロでマイクを望遠鏡に見立てて、
片目を瞑りレンズをのぞき込んでいて。
あっ!ってなったよね客席。
まぁ友人に後から「アレすごかったね。初だね。」
って言ったら「そんな事やってたの?ごめん見てなかった」
うん、安定の私たちのやりとり(笑)
考えてたんじゃなくて、あの瞬間フッと思い付いたのと同時に
体がもうそう動いた。って感じだったなぁ。
ああいうこと、することあるんだよね、吉井和哉って人は。

神戸ののALRIGHT前ワードは
『激しく求めてみませんか?』
『今夜、羽ばたきましょう』
でした。

神戸でのSUCKというかメンバー紹介は
結構印象に残っていて
あ、相変わらず『終わりました』はありまして。
あ、2日目はロビンがエマを後ろから抱きしめて絡みがスタートし
跪いてグイングインして、エマの指を噛んでました!!!

アニー紹介では
『今夜もタンクトップです!もう着ないでタトゥーにしたら
 いいんじゃないかと思います(笑)眉毛みたいに(笑)』
これだけでも印象的なんだけど
『彼のハートフルなドラムが、この吉井和哉のアクと相まって
  見事に中和します』
みたいなこと言ってたのが、ほぉ!って妙に感心してしまった。

エマが面白くて
アニーの次はだいたい鶴ちゃんだからびっくりしてたら
『鶴谷だと思ったろ!そんな日もあるの』って(笑)
2日目はそれに味を占めたのか
『今日はどっちにしようかなー』とクルクルと鶴ちゃんとエマを
 交互に見てにやつくロビン様でした。
『ダンディーです!ダンディーなレスポール!ダンポール!!』
なんじゃそれ(笑)
『俺の中でレスポールが一番似合う男。俺の中でよ。俺の中で。俺調べ』
はいはい。みんなもそう思ってますからー。

鶴ちゃん
とってもジャジーなソロなのもあるし、順番が変わっちゃって
ちょっと焦ったのもあるのか終わり方がビミョーになってしまい
「もう終わるんですけどー終わりなんですけどー」って感じで
自分の後ろの方にいる(下手側)吉井さんに目で合図送って
なんだか「ジャン!」て終われなかったものだから
『お前終わり方ヘタだな。そういうセックスするやついるよな』
 そういうセックスしてんだろうな』と、バッサリ言われる始末。
またキビシサ出た!(笑)
2日目もなぜかまたビミョーに終わる鶴ちゃん(笑)
鶴ちゃんのテキサス仕込みのジャジーなソロ好きよ。

ヒーセ
『この人がいなかったら俺は未だにウダツの上がらないベーシストだった』
『ウルトラグルービンベーシスト!!』

と褒め称え系で。

ロビン
「会いたかったよ神戸!」
「シュッとしてはる人紹介するわ」
「吉井和哉ロロロロロロロロビーン!」巻き舌!!!

『もう俺は一生THE YELLOW MONKEYの吉井和哉です』

何度聞いてもいいね、これ。

やはりSUCKは大事だ。大好きだ。
これが毎回聞けるだけでもライブに来る甲斐がある。
ついでに言うと今回♪エゴイストが鼻につけば終わる SILENT NIGHT♪
の後にロビンが♪パラッパラッパラッ♪って付けてるの私は好きです。
なんか好きです。はい。

アンコールがね、パールだったんですよ!!!!!!
パールって、四大イエローモンキー曲には入らないにしても
このバンドとファンにとって、誰にも確認取ってないけど
(四大の方も取ってないけど)超重要曲なので
これは聴けてうれしかった。
これも初ですね!!

パールと言えばひたちなか。というのが私の方程式でして。
あの壊れそうな時代に射す一筋の希望の光だったので。
あの土砂降りの雨の中、ぴょんぴょんと跳びはねながら歌う
吉井和哉が私のパールだった。
だからあのアディダスの青いジャージが死ぬほど欲しかったよ。

パールを聞いたら大変スッキリしました。

最後JAMの前のMCで
『このツアーもこの神戸が終わると、横浜、福島、フェスは
 違うメニューになるので、このツアーの流れを汲むメニューは
 北海道を残すのみとなってしまいました』
『あっという間のツアーで』
『解散する前はよく”イエローモンキーが無くなることがファンに
   とっての最大の暴力でありますように”なんて
 若気の至りでカッコイイと思って言ってたんですが
 それくらいイエローモンキーがかけがえのないものであって欲しい
 と思っていて』
『まさかそのバンドをなくしてしまって、15年間待ちわびていた人もいて
   15年前に生まれた中学生くらいの子とか色んな世代の人が来てくれて・・・』
『またみなさんの前で演奏する日を楽しみにしています』

ここで聞くJAM。
会いたくて会いたくて君に会いたくてまた明日を待ってる。

2日目はアンコール前に帰らねばスケジュールだったので
途中退席失礼しましたなんですが、神戸の2日とも
ちょっと大人というか、しっとりとまではいかないけれど
がっしりと受け止める感じの客席と、真摯に歌を届けようという
バンドの関係だったような感覚です。

初日終わって、お疲れ会して、ホテルでさらに明け方まで話して
翌日は神戸の街をブラブラして、エマファンが喜びそうな手相占いを
たまたま見つけたので、友人3人で受けて。
この手相占いが衝撃度高かったなー。
その後3人で改めて人生相談会しちゃった。
どこのなんていうお店なのかも分からないんだけど良い思い出。

2日とも良いライブだった~。
やっとメイクロビンを拝めたし~。
なんだか、しみじみするライブでした。
MCは1日目2日目明確に覚えてないので
混ざり合ってるかもしれません。

ちょうど大阪のライブがもうすぐ、という辺りから
色々な事がありまして、もうすぐライブだわーい!
という気分とはほど遠いというか真逆なところに
いたのですが、元気になれました。

でも、このタイミングでTHE YELLOW MONKEYが再集結して
ツアーもやってなかったら、
気持ちとしてはもっと酷いものだったと思うので、ほんとありがたい。
色んな事がというか、自分が、酷い方へ行くことがないので
それはTHE YELLOW MONKEYが最優先事項なので
とにかく余計な事を何とかして、自分の利益とか欲とかより
THE YELLOW MONKEYってなってるから
というか、それが自分の利益で欲になってるから
今までと色んな物事や感情を処理するやり方変わってるっていうね。
いいの。それが普通と違っていても人と違っていても。
2日間もライブ見れるなら色々がんばれるさ。

それに次はYOKOHAMA SPECIAL!!!

 KIMG4668

07.26 Set List
——————————
01. プライマル。
02. 楽園
03. Love Communication
04. LOVE IS ZOOPHILIA
05. TVのシンガー
06. Tactics
07. LOVERS ON BACKSTREET
08. 薔薇娼婦麗奈
09. 球根
10. カナリヤ
11. HOTEL宇宙船
12. 花吹雪
13. 空の青と本当の気持ち
14. ALRIGHT
15. SPARK
16. 見てないようで見てる
17. SUCK OF LIFE
18. バラ色の日々
19. 悲しきASIAN BOY
—encore—
20. パール
21. BURN
22. BRILLIANT WORLD
23. WELCOME TO MY DOGHOUSE
24. JAM

 

 

 

 

 

07.27 Set List
——————————
01. プライマル。
02. 楽園
03. ROCK STAR
04. サイキックNo.9
05. A HENな飴玉
06. Tactics
07. LOVERS ON BACKSTREET
08. FINE FINE FINE
09. 球根
10. カナリヤ
11. HOTEL宇宙船
12. 花吹雪
13. 空の青と本当の気持ち
14. ALRIGHT
15. SPARK
16. 見てないようで見てる
17. SUCK OF LIFE
18. バラ色の日々
19. 悲しきASIAN BOY
—encore—
20. パール
21. LOVE LOVE SHOW
22. BRILLIANT WORLD
23. WELCOME TO MY DOGHOUSE
24. JAM

広告

THE YELLOW MONKEY SUPER JAPAN TOUR 2016 神戸 ワールド記念ホール」への2件のフィードバック

  1. みけ の発言:

    神戸レポも 読ませてもらいに来ました(^^ゞ

    ♪こう~べ~~ ありましたね(笑)
    確かソロの時も チラッと歌ってたような…

    私も 自分のブログの方に
    感想などしたためてますが(思い出風に…笑)
    今日 リスナーさんのレポ読ませてもらって
    自身の記憶力のなさに 
    あらためてトホホ…でした(〃 ̄ω ̄〃ゞ

    大阪も2日参加して
    それはそれで良かったのですが
    神戸は 地元のせいか
    すごく良かったです!!
    新たな曲をやってくれたり
    MCが 多かったのもうれしかったなぁ♡

    でも 何より
    大阪からあんまり日が経ってないのに
    さらにイエローモンキーだった事に驚きでした。
    脂ノリノリでしたね(笑)
    この日の♪球根も 
    私的に大阪よりぐっときました。

    リスナーさんも このあたり
    いろんな事があったけど
    元気もらえたとのお話を読み
    良かったなと思うと同時に
    今更ですが イエローモンキーのすごさを感じてしまいました。

    足りない記憶が リスナーさんの文で補え
    今日また 神戸ライブのあの夜に戻ったようでした。
    リスナーさん
    レポありがとうございました(´w`*)

    • みけさん神戸が地元なのですね。
      それは待ちに待ったライブでうれしいですよね!

      神戸初日は今回行っている中でいちばん全体が見える席で
      わりと落ち着いている印象(客席もメンバーも)だったのと、
      印象的な言葉が多かったので
      今ツアーの中でも全体的によく覚えている方のライブです。
      たくさん話してましたね!

      でも、どのライブでも同じ事言ってるのに
      ガツン!と残るフレーズを放つ吉井さんにじーんとしてます。

      モンキーのライブはソロに比べて思い出すの大変です。
      2daysですし自分もずっと興奮してるしで・・・
      横浜のレポなんて読み返したらムチャクチャでした(汗)

      みけさんのレポもぜひ読ませていただきたいです。

      あ、吉井さん「そして、神戸」は神戸に来たら絶対歌ってますよね
      あれが聞けないと物足りない気持ちになりそうです(笑)

コメントする

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中